はやし屋

競技プログラミングのメモ きたない

パソコン甲子園(PCK) 2013 (もうひとつの)本選 参加記

予選落ちの悲しみを引きずって参加
AC:1,2,3,5
0WA
で多分2,3位っぽい(?)。
本選行ってたら一桁ワンチャンあったかもしれない


1:相方が適当に書く

2:O(N*M*L)とかどんなアルゴリズム使うのと思ったらvectorで書いたソースが通ってしまった
よくよんだらこなした回数の合計が50000以下であってN*Mをvectorでやれば絶対減らせるじゃんってと解いたあと気づいて絶望した

3:多倍長掛け算とか実装せんくても桁取るの可能じゃねと思ってずっと考えてたが無理で多倍長書いた

5:相方が頑張ってビットシフトしてた


4:2,3の深読み(?)でだいぶ時間を食ってしまい残り20分ぐらいだった気がする
JOIで普通に出てきそうでこういう系書いたことある気がする楽勝とか思ってたら
しんでしてしまった
終わってから見れば見るほど簡単に見える

6:後から見たら溶けても良かった気がするパッと見典型bitdp


反省点
・やはり本選行きたかった
・余分な時間が多すぎた
・TLE明確にして(懇願)
・解く速さが遅い
・ミスがほぼ練習不足が原因
・このブログが見にくい
・6完出来ても良かった気が
など

上位に入れたのは良かったがやり残したこと多すぎのクソザコで実力不足を感じた


でも図書カードもらえる(と思う)ので良かった


ソースとかは後輩ブログに載っています
http://ei1333.blogspot.jp/2013/11/pck2013.html